2017年7月 4日 (火)

-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU アリーナツアー2017

20170702a

さいたま新都心に二夜限りオープンした、
巨大スナックに行ってきました。

シンガーJUJUに顔、声、美脚までも
瓜二つの美人ママの歌声に、
お酒も出ないのに酔いしれてしまいました。

なんでもママ曰く、風営法?で閉店は午後6時半。
一万人以上のお客さんは、その後、
夜の町にそれぞれ散っていきましたとさ・・・

20170702b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

レコードを聴こう24

20170611a


現在増築工事をさせていただいているお客さんに
懐かしい曲が詰まったレコードをいただきました。

アルバムタイトルは「COCKY FOREVER」

中学、高校生の頃、
ラジオの深夜放送で聴いていた番組
「コッキー・ポップ」
その中でリクエストの多かった14曲を
収録したアルバムです。

サルビアの花(もとまろ)
思い出が多すぎて(高木麻早)
時代(中島みゆき)
夕暮れ時はさびしそう(N.S.P)
いつのまにか君は(浜田良美)
などなど

懐かしいを通り越して、
涙が出てきちゃいます。

今でも活躍する数多くのアーチストを輩出した
すごい番組だったんだなと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

Room Ayaka Vol.4

20170426a

今年最初のライブ活動、
絢香さんのファンクラブイベント
「Room Ayaka Vol.4」@中野サンプラザ
に参加しました。

ファンクラブイベントならではの、
いつものゆる~い会話と、
ピアノとパーカッションだけで歌う、
懐かしい曲や新曲そして定番の曲。

懐かしい曲は、
1stアルバムから「Sha la la」「Stay with me」

そして活動休止前のシンフォニックコンサート
以来に聴く「恋焦がれて見た夢」
いつ聴いても涙が出てしまう好きな曲。

新曲は今月から始まった
NHKドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の
主題歌「コトノハ」と「センチメント」

懐かしい中にも新たな感動と、
新曲ならではの新鮮な感動を味わえたライブでした。

9月から始まる、ヴォーカル、ピアノ、ギター
たった3人だけの全国ツアー
「Acoustic Live Tour ~3-STAR RAW~」も楽しみです。

20170426b

今回のお土産、缶ケース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

レコードを聴こう23

20170404a_2

今日は4月4日。

今夜聴くのはこのレコード。

39年前の今夜、55000人の中の1人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

レコードを聴こう22

20170311a

20170302a

先日、両国まで行く用事があり、
神田川の河口に架かる柳橋を見てきました。
なぜか見たくなったんですよね・・・

「かぐや姫さあど」
かぐや姫の「神田川」を初めて聴いたのは、
中学三年生の冬の頃でした。
同級生の女子が、
「顔に似合わず、いい声」と言ったのを
今でも覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

絢香10th Anniversary SUPER BEST TOUR

20161217b

アリーナ席の最前列中央に設けられた、
各会場10席限りのプレミアムシート。
そこから見るステージは、
夢のまた夢のような光景でした。

絢香さんのツアー@大阪城ホール
一日目に参加しました。

絢香さんのライブに参加してから10年。
その10年分の幸運を、
全て使い果たしたかもしれない、
言葉には表せないほどの、
忘れる事のない夜になりました。

20161217c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

KOBUKURO LIVE TOUR 2016”TIMELESS WORLD”

20161120a

@さいたまスーパーアリーナ2日目に参加しました。
アルバム「NAMELESS WORLD」から約10年。
過去、現在、未来へと続いていくような、
そんなセットリストでした。

20161120b

20161120c

20161120d

特に感動的だったのは、
「桜」「蕾」「未来」
ライブでこの3曲を続けて聴ける事は、
後にも先にもそうある事ではないと思います。

アリーナ中央に設けた円形の小さなステージで、
路上ライブであるかのような、
二人だけのアコースティック演奏による
「Flag」
「同じ窓から見ていた空」も良かった。

僕は、2007年のツアーから毎年参加していて、
今回がちょうど10回目。
これからの10年、その先の10年、
二人のステージを支えていきたい、
そう強く思いました。

20161120e

ライブの前に、映画『orange -未来-』を鑑賞。
原作でもTVアニメでも触れられなかった、
物語のその後はとても切なかった。

20161120f

来年は、松本へ聖地巡礼に行きたいです(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

絢香10th Anniversary SUPER BEST TOUR

20161023a

絢香さんのツアー@さいたまスーパーアリーナ
二日目に参加しました。
ベストアルバム
「THIS IS ME~絢香 10th anniversary BEST~」を
ひっさげて、初のアリーナツアーです。

20161023ayaka

アデル、ジェイソン・ムラーズ、アリシア・キーズ
ビートルズ、マイケル・ジャクソン。
開演するまで、場内には、
今までのライブでカヴァーした
アーチスト達の曲が流れていました。

「Have fun!!」でスタート。
1曲目から会場は盛り上がり
「Real voice」へと続く。
ツアータイトルの通りSUPER BEST 、
ちょっと盛り込み過ぎじゃない?
と思えるようなセットリスト。
絢香さんが今伝えたいメッセージを、
しっかりと受け止めました。

「I believe」
10年前のデビュー曲。
「THIS IS ME」
10年前の自分へ、
そして10年後の自分に向けての曲。

MCではこう言ってました。
「今の夢は、50年後、
 80歳のおばあちゃんになっても、
 大好きな歌をこうして歌っていたい。
 だから、これからの10年を大切に歌っていく」

50年後、絢香さんのライブに参加する事は、
僕にとってはだいぶ厳しそうですが・・・、
これから始まる10年、その次の10年、20年と、
何時までも応援していきたいと思いました。

次は、12月の大阪城ホールに参加します。

20161023b20161023c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

レコードを聴こう21

20161022a

今年のノーベル文学賞に選ばれたものの、
受賞について一切コメントしていないなど、
ボブ・ディランの真意に関心が集まっています。

彼のレコードは持っていないので、
今朝、聴いたのは、
「たくろう オン・ステージ第二集」
中学生の時に、初めてボブ・ディランという、
名前を知るきっかけになった作品です。

この2枚組のアルバムは、
1971年に渋谷ジャンジャンで3日間行われた
吉田拓郎のライブ実況録音盤。

「準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響」
1曲目のこの曲はボブ・ディランの
「ハッティ・キャロルの淋しい死」の替え歌で、

♪その頃僕はボヴ・ディランを知った
 何でもいいから彼の真似をしてみた♪
詞:よしだたくろう

と、歌詞にもその名が登場します。

他に収録されている曲は、
「静」「大きな夜」「ゆうべの夢」「恋の歌」など。
なんといっても、
最後の二十数分に及ぶ「人間なんて」
観客との大合唱が圧巻です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

レコードを聴こう20

20161008


最近TVCMで妙に耳にる2曲。

スバルのCM、
ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」と、
缶コーヒーBOSSのCM、
吉田拓郎の「今日までそして明日から」

「LOVE LOVE LOVE」は20年前、
「今日までそして明日から」は45年も前の曲。

そういえば、BOSSのCMって、
中島みゆき、ちあきなおみ、
エリック・クラプトンの曲など、
ちょっと懐かしく、
切ない感じの曲がよく使われています。

缶コーヒーはほとんど飲まないけど、
CMの内容には共感する事が多いです。

今朝聴いたレコードは、
よしだたくろの1stアルバム「青春の詩」

「雪」で始まり、
「今日までそして明日から」
「人間なんて」で終わるB面が好きです。

最初に聴いた10代初めの頃と比べて、
年を重ねた今聞き直してみると、
随分深い事を歌った歌詞だなと
改めて感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧