2017年8月21日 (月)

津南町のひまわり畑

20170815f

夏休みに新潟へお墓参りに行きました。
以前から気になっていた津南町のひまわり畑を、
柄にもなく見てきました。

20170826a

津南町の夏の風物詩。
期間中約50万本ものひまわりが楽しめます。

名物のスイートコーンも美味しかった!

20170815d

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

富士山と薔薇と

先週の土曜日、前日の雨もやみ
久しぶりに青空が広がって
富士山がくっきりその姿を現しました。

富士市の市花は薔薇で、
ウォーキングコースの公園の薔薇は今が見頃です。

20170529a

20170529b

市木は楠。
葉が新旧交代して新緑がまぶしい。

20170529c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

初詣

20170111d

今年の初詣は香久山妙法寺へ行きました。
毎年、旧正月の7~9日の三日間、
「毘沙門天大祭」が行われる事で有名なお寺です。

20170111e

自宅から最寄り駅までは歩いて30分くらい。
ちょっと体重が増えていたので、
ウォーキングも兼ねて
駅まで歩いて電車で行きました。

20170111f

初夢に富士山は登場しませんでしたが、
岳南鉄道の運転席越しの富士山。

いいことがたくさんあるといいですね。

20170111a

吉原本町駅のホームから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

年末

十数年ぶりに年末年始は静岡で過ごします。
それに加えて陽気も暖かいせいでしょうか、
年末って感じが全然実感しません。

楽しい事、悲しい事が、
今年も色々ありましたが、
無事に一年過ごせた事に感謝です。

決してお城マニアではないですが、
今年は6箇所のお城を見学しました。

20161230a

岐阜城

20161230b

上田城

20161230c

大多喜城

20161230d

小田原城

20161230e

松本城

20161230f

大阪城

どうも歴史が苦手です。
歴史的背景などがわかれば、
建築としての素晴らしさのみならず、
もっと興味深いドラマが楽しめるのでしょうに。

今年できなかった事は色々ありますが、
来年は、また新しい事に、
色々チャレンジしてみたいです。
歴史も含めて。

それでは良い年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

赤沢宿

紅葉の見頃には少し早いようでしたが、
奈良田温泉へ行った帰りに赤沢宿へ。

山梨県早川町にある集落です。
日蓮宗総本山身延山と、
霊山七面山を結ぶ参道の途中にあり、
かつては多くの参拝客を迎えた宿場町です。

現在は営業する宿は1軒のみですが、
曲がりくねった急坂、石畳、構中宿、
往時の佇まいが今もひっそりと残っています。

20161107

20161107e

大阪屋

20161107c

清水屋から江戸屋旅館を望む

20161107a

大黒屋と石畳

20161107b

曲がりくねった急坂

20161107d

玉屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

秩父、川越へ②

二十数年ぶりに訪れた川越。
蔵造り伝統保存地区は
とてもすっきりとした町並みになっていました。

20160828a

ゴチャゴチャしていた
電柱や電線の地中埋設化や
歩道の石畳敷などの景観修復と、
単に伝統的建築物の保存だけでなく、
上手に活用してまちを活性化している等々。
日本でもトップクラスの、
まちづくり活動が行われている事を
実感する事ができました。

一つ残念だと感じた事は、
幹線道路だからしょうがないのでしょうが、
蔵造りの町並みに交通渋滞は似合わないですね。

20160828b

亀屋本店

20160828c

蘭山記念美術館
建築プロデュース:北山創造研究所
建築設計:北山 孝二郎+K計画事務所

蔵造りだけでなく周辺には、
モダンな建築物が数多く残っています。

20160828d

埼玉りそな銀行川越支店

20160828e

カフェ・エレバート、旧山吉デパート

20160828f

手打ちそば百丈

20160828g

モダン亭太陽軒

20160828h

中成堂歯科医院

20160828i

川越商工会議所

20160828j

日本聖公会川越キリスト教会

20160828k

大正浪漫夢通り
いせや、シマノコーヒー大正館、大野屋洋品店

20160828l

時の鐘は現在耐震工事中

20160828m

菓子屋横町

20160828n

20160828o

小江戸川越と言われる由縁でもある喜多院慈恵堂
五百羅漢

20160828p20160828q

「陶舗やまわ」の一角にある「陶路子(とろっこ)」の
「さつまいもミニ懐石」
川越名産のさつまいもの様々な味や食感を
楽しむ事ができました。

20160828r

ヤオコー川越美術館
建築設計:伊東豊雄建築設計事務所

天気は良かったけど川越はとても暑かった。

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

秩父、川越へ①

行った事がありそうで、
行った事がなかった街、
秩父へ行ってきました。

20160825a_2

20160825b

まずは、長瀞にて定番の川下り。
清涼感に浸りながらのんびりとした時間。

20160825c

秩父鉄道のパレオエクスプレスに乗って、
三峰口までこれまたのんびりとしたSLの旅。

秩父駅に戻り市内を散策。

20160825d

江戸中期・宝暦三年創業、武甲酒造

20160825e

昭和レトロ感漂う、パリー食堂

20160825f

小池煙草店

20160825g

泰山堂cafe

20160825h

珈琲道ぢろばた
丁寧にいれられた珈琲が美味しかった

秩父市はアニメ
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の
舞台になっています。
勝手に選ぶ聖地巡礼人気スポットBest3

20160825i

①旧秩父橋から見る新秩父橋

20160825j

②秩父神社前

20160825k

③羊山公園

20160825l

『心が叫びたがってるんだ。』も秩父市が舞台ですね。

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

京都へ

昨年の角館に続いて、
お施主さん、工務店の社長と、
おじさん三人の社会科見学。
今年は、京都へ行ってきました。

20160708a

聴竹居
大山崎町にある建築家・藤井厚二の
5番目の自邸、実験住宅。

日本の気候風土に合わせて、
自然エネルギーを生かし、
環境共生住宅であると共に、
流行に左右される事のない、
和洋を融合させたモダンなデザインです。

ゼロエネ住宅、パッシブソーラーなど、
住宅にも環境への配慮が叫ばれる昨今ですが、
この住宅は88年も前に建築されています。
日本の近代建築20選に選ばれています。

20160708b

20160708c

サントリーウイスキー山崎蒸留所
同じ銘柄で同じ熟成期間でも、
樽の樹種によって色、香り、味、価格が
こんないも違う物かと・・・
シェリー樽とミズナラ樽の
山崎12年味比べ。

20160708q

夜の先斗町

20160708r

木屋町

20160708d

Time's
設計:安藤忠雄建築研究所

20160708e

京都市役所庁舎
設計:武田五一

京都御所を見学

20160708f

紫宸殿
重要な儀式を執り行う最も格式の高い正殿

20160708g

清涼殿
日常の生活の場として使用されていた。
源氏物語の世界が垣間見えます。

同志社大学を見学
きれいなキャンパスです。

20160708h

彰栄館 1884年竣工
設計:D.C.グリーン

20160708i

同志社礼拝堂 1886年竣工
設計:D.C.グリーン

20160708j

有終館 1887年竣工
設計:D.C.グリーン

20160708l_2

ハリス理化学館 1890年竣工
設計:A.N.ハンセン

20160708k_2

クラーク記念館 1893年竣工
設計:リヒャルト.ゼール

以上は全て国の重要文化財

20160708m

啓明館 1920年竣工

20160708n

アーモスト館 1932年竣工

以上は設計:ヴォーリズ建築事務所

20160708p

同志社大学学食の牛あいがけカレー

さて、来年は何処へ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

大多喜町へ

蛍が飛び交う季節ですね。
先日、山梨県身延町で、
何年ぶりかわからない位久しぶりに、
ホタルを見て感動してしまいました。

「海ほたるへ行きたい」と奥さんが言うので、
東京湾アクアラインを通って、
千葉県大多喜町へ行ってきました。

20160604a

向こうに見えるのは、房総半島。
快晴もいいけど、夜の景色はもっといいのでしょね。

何故、大多喜町まで行ったかというと、
以前から気になっていた旅館があったからです。

旅籠としての創業は江戸時代後期、
現在登録有形文化財として残っている主屋は、
明治時代の建築、大屋旅館に宿泊しました。

20160604b

20160604c

20160604d

大正時代に増築された、浴室前の洗面室。

大多喜町は、徳川四天王の一人本多忠勝が
築城した大多喜城を中心に栄えた城下町。
今でも、当時の面影を残す建物が点在しています。

20160604e

国の重要文化財・渡辺家住宅

20160604f

豊の鶴酒造

20160604g

大多喜町役場中庁舎(1959年築)
建築家、今井兼次の設計
2011年に千葉学建築設計事務所の設計により、
修復再生工事が行われました。

20160604h

20160604i

いすみ鉄道に乗って、大原へ。
自然農法産米による自然醸造酒の製造を行っている
木戸泉酒造を訪ねるも門が閉まっていました。

20160604j

今は営業していない大原の古い酒屋さん
この隣の酒屋さんで、木戸泉酒造の自然舞純米酒を購入

実は、この純米酒を教えていただいたのが、
大多喜町にある蔵精さん。

20160604l20160604m

20160604n20160604o

天然菌でつくられた、
味噌や醤油、酢などの発酵調味料を用いて、
地元で採れた無農薬・低農薬野菜の持つ、
素材のおいしさを引き出す野菜料理のお店です。
お料理同様、日本酒、焼酎、果実酒など、
こだわりのお酒も楽しませていただきました。

20160604p

養老渓谷、栗又の滝

20160604q

サツキの名所水月寺

ほぼ無計画だったので、機会があれば
もう一度行ってみたいと思っています。
ウリ坊まんも食べてみたいし・・・

20160604r

木戸泉酒造の自然舞純米酒

おまけ

20160604s


現在上映中、映画「夏美のホタル」の
原作は大多喜町がモチーフの小説。
主演は、有村架純さんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

小諸、上田へ③

三日目は別所温泉へ。

20160505a

真田の赤備えがベースとなっている
上田電鉄別所線さなだドリーム号

20160505b

北向観音
本堂が北に向いているのは大変珍しく、
善光寺と合わせてお参りする方が良いそうです。

20160505c

温泉薬師瑠璃殿

20160505f

20160505g

北向観音の本坊常楽寺と御船の松

20160505d

安楽寺本堂

20160505e

安楽寺八角三重塔

20160505h

今回、最後に訪れたのは、
戦没画学生慰霊美術館「無言館」
若くして戦没した画学生の
遺作、遺品を集めた美術館です。

コンクリート打ち放しの
簡素な壁に作品が展示され、
鑑賞するには必要最小限の照明。
静かに時間が流れていく。
けれどそれぞれの作品の時間は
止まったままで再び動く事はない。

展示される絵画は、
何も語らず「無言」であるが、
見る側に多くを語りかける。
という命名の由来があるそうです。

20160505i

ずくだせ農場
農家の食堂komame
nagomi-soundのスピーカーから
心地良い音楽が流れている。
作物が育つ風景を眺めながら、
農薬、化学肥料を使わないで育てた、
採れたての食材を提供しています。

20160505j20160505k

マルゲリータと若鶏の桃太郎みそ焼き

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧