2016年6月 7日 (火)

ちゃぶ台

20160607a

両親が結婚した時に
お祝いとしていただいたという
直径66㎝のちゃぶ台です。
かれこれ、60年も前の代物です。

小学校の頃、このちゃぶ台で、
習字の練習をした記憶があります。
数年前に、実家からもらってきた時は、
墨で真っ黒に汚れていました。

サンドペーパーで綺麗に磨いて、
天然オイルを塗りましたが、
残っている無数の傷は、
我が家の歴史を物語っています。

今月から、夏の間、
和室に置いて使用します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

今年のハナミズキ

20160422a

我が家のハナミズキです。
写真ではいつもと同じように
咲いているかのようですが、
先日、植木屋さんに、
半分くらい枝を切ってもらいました。

一昨年頃から少しずつ枯れ始め、
その処置を怠ってしまった結果です。

伸びた枝を切った時の処置が悪かった、
木の周りの土留めを作り直した時に、
根を傷めてしまったなど、
いくつかの要因はあるようですが、、
初期の段階で放置してしまった事が、
一番いけなかったようです。

幹も根も半分位しか生きていないそうですが、
なんとか枯れずに頑張ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年9月23日 (火)

ハンモック

20140922a

2週間前に引き渡しをしたお客さんの家に、
竣工写真を届けに行きました。

引き渡しの日に、御家族の写真と、
我々工事関係者との集合写真を
撮らせていただくチャンスがあったので、
建物の他にその記念写真も加えた
竣工写真集になりました。

引っ越しの片付けもほぼ終わっていて、
念願だった「ハンモックを取り付けました」
と言う事で見せていただきました。

ハンモックを取り付けられる場所がほしい、
これはお客さんの要望の一つだったのです。

取り付けたのは、2階にある、
第二リビングのようなフリースペース。
お子さんの遊び場であったり勉強する場所、
あるいはご主人の書斎のような場所。
雨の時には洗濯物も干します。
勾配のある天井で、露出している梁に、
チェア型のハンモックを取り付けました。

座らせていただきましたが、
やさしく包まれて、フワァっと浮く感じが、
気持ちいいですね。
取り付ける場所があれば、
我が家にも一つほしくなっちゃいました。

20140922b

こちらは以前僕からお子さんに
プレゼントした木の飛行機。
白い壁の中にやさしい青色が
ワンポイントとなってきれいでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

今年の納涼アイテム

早いもので、今年も半年が過ぎて、
いよいよ夏本番、7月を迎えましした。

エコに暮らす我が家の、
この夏の新しい納涼アイテムです。

20140703a

今年仲間入りしたカエルちゃんは、
どちらも洋物チックです。
カエル王子とひょうきんなポーズのカエルちゃん。
ひょうきんな子はお腹が小物入れになってます。

団扇は、先月のお稽古で書きました。

蜻蛉釣り 今日はどこまで いったやら
加賀の千代女の句

20140703b

そして、蚊取り器(川合光さん作)
ステンレス板を加工して作られています。
普段は電気蚊取り器を使ってますが、
渦巻きタイプの蚊取り線香は、
日本の夏には欠かせないアイテムですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

リビングのカーテン

リビングのカーテンを変えました。
十数年ぶりの模様替えです。

今回は、フロントレースにしてみました。
前のカーテンを作る時にやりたかったけど、
当時は柄の入っているレースが少なく、
しかも高価だったことで断念したのです。

生地はフジエテキスタイルのSTORYシリーズから、
選んだのはグラスガーデン。
微妙に違う3色の柄がプリントされています。
パーソナルチェアの張地に合わせて、
カーテン生地は黄緑色にしました。

20140606a

朝起きるとこんな感じ。
外からの光で、部屋中うっすら黄緑色。
草木が育つ今の季節のように、
まだまだ僕達も成長できるんじゃないか?
と思えるさわやかな雰囲気。

20140606b

日中、レースにするとこんな感じ。
以前のに比べると透き通った感がありますが、
室内からの視線が開けて気持ちいい。
秋から冬に直射日光が入ってできる、
影がきれいじゃないかなと想像できます。

20140606c

夜はこんな感じ。
窓際のダウンライトの光で陰影ができて、
立体感のある落ち着いた雰囲気になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

ギャッベ

20130527a

リビングのラグがだいぶくたびれてきたので、
以前から気になっていた、
ギャッベを見たくて展示会へ行きました。

イランの遊牧民・カシュガイ族の女性達に、
代々受け継がれてきた手織りの絨毯がギャッベ。
家族同然の羊の毛を紡ぎ、
草木染めされた糸で織られているので、
とても優しい色合い。
その中に織り手の願いや祈りを込めて、
様々な文様が織り込まれているのも特徴です。

たとえば、羊の文様は子孫繁栄、
生命の木は長寿や健康など。

これは、彼らにとってはなくてはならない、
生活道具の一つでもあります。

ネットでいろんな店の商品を見ている時は、
羊の文様が入っている薄茶色がいいかな、
などと漠然と思っていたのですが、
何点か選んで、家に持ってきてもらい、
予算との折り合いも含めて、
一番なじんだのがこの赤のギャッベでした。

赤といっても、白っぽい点々が入り、
全体がグラデーションになっていて、
ちょっぴり優しく、けれど元気が出そうな赤です。

ちなみに赤く染めるのは茜の根を使うそうです。

羊の置物は、ぼくがお店で、
「羊の文様、羊、羊」と連呼していたのに、
結果、羊の文様が入ってない物を購入したので、
お店の方が気の毒がって?
プレゼントしてくれた物なのです。

末永く、大切に使わせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

文机のような置床のような

20130419a

和室に置く、
ちょっとした台のようなものが欲しくて、
近場の家具屋さんを見たり、
ネットで探したりしてみたりしたけど、
ちょうどいいサイズ・材質の物がなくて・・・

行きつけの材木屋さんで作ってもらいました。
文机のような置床のような、
奥行き30㎝、巾120㎝、高さ35㎝。

使用している木はウォールナット。
貫(脚と脚をつなぐ部材)はタモ。
ツートンにしたのだけど、
写真だとちょっとわかりにくいですね。

釘やビスは使用してなくて、
とても丁寧に仕上がっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

Smaie〈スマイエ〉

20130328a

今週、静岡県内で発行された、
Smaie〈スマイエ〉というフリーマガジンに、
5年前に設計監理させていただいた、
沼津市松長にある住宅が掲載されています。
施工していただいた、
(株)富創さんの紹介ページです。

お客さんと一緒に行った材木屋さんで、
一同、一目惚れをして購入した、
栓の木で作った大きなテーブルが、
16帖のリビングダイニングの中心にあります。

これくらい大きなテーブルがあると、
ここで何でもできちゃうんですよね。

床は天竜杉、壁と天井はホタテペイント。
夜は、間接照明により、
ちょっといい雰囲気になるんですよ。

Smaie〈スマイエ〉はフリーマガジンとしては、
とても内容の濃い仕上がりになっていますので、
是非ご覧になってください。

もしかしたら、静岡県東部限定かも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

三島の家

20130324a

先週末、オープンハウスを行いました。

明日引き渡しをするこの住宅は、
昨年の3月から基本設計を始めて9月に着工。
ワンコ(以前登場した木の良さを知っている-ベス)と、
ご夫妻が暮らす平屋の住宅です。

東西に細長い敷地の南側には、
総二階建ての家が二軒並んでいて、
平屋にした場合、どうやって、
冬にたっぷりの日照を確保するか・・・
これが今回の大きなテーマの一つでした。

家をコの字型にして、真ん中にリビング。
その外には広いテラスと大きなガラスの屋根。

冬至の時季でも、隣家の屋根越しに日差しが入り、
夏至の時季には、家の中は日陰になるように、
軒とガラスの位置を計画しました。

オープンなリビングなので、
ワンコも住人も視線を気にすることがないよう、
広いテラスの隣家側に、
高めの木の塀を設けてあります。

エアコンはあまりお好きでないご夫妻なので、
風通しが良い窓の配置と、
室内の内装材は調湿性能のある、
床は天竜杉、壁はホタテペイントで仕上げました。

オープンハウスに来場されたお客さんからは、
「気持ちのいい家」という言葉が聞かれ、
結構長居する人が多かったですが、
はたしてワンコ(ベス)は、
気に入ってくれるでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

ホタテペイント

20121228a

何かとせわしない年の暮れ。
頼んであった家のリフォームが終わり、
無事新年を迎えられそうです。

今回は和室と寝室の壁に貼ってあった
和紙の壁紙をホタテペイントに塗り替える、
というプチリフォームでした。

ホタテペイントは、普段の仕事の中で、
ほとんどの住宅の壁や天井に
使用させていただいていて、
その素材の持つメリットについては、
十分理解しているつもりですが、
実際に自分でその空間で生活をしてみて、
これからいろいろと体感できることが、
今からとても楽しみです。

顔料の含まれていないホワイトが一番好きで、
この色以外は今まで使用した事がないのですが、
自分の家ですから、実験のようなもの。
和室にはベージュ、寝室にはペイルクリームと、
それぞれ違う色を塗ってみました。
少し暖かみが出てどちらもいいですね。

ホタテペイントを使った家に住んでいる奥様は、
毎年お会いする毎にきれいになっている!
ような気がする・・・ぼくの一番の感想です・・・

20121228b

塗装下地壁紙ルナファーザーNo.40/75に、
ホタテペイント塗り仕上げ

ホタテペイント・ルナしっくいについては
http://www.runafaser.co.jp/hotate/index.html

ホタテペイントの過去の記事
http://konohazuku.cocolog-nifty.com/web/2006/03/post_12dd.html

今日で、今年の更新は最後です。
お付き合いいただきました皆様、
一年間本当にありがとうございました。

沖縄旅行記は歴史建造物編と
グルメ編を書くつもりでしたが・・・
来年気が向いたら書く事にします。

それでは、よい年をお迎えくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧